シロアリの階級と役割

シロアリは社会性昆虫と呼ばれ、階級によって役割を分担して活動しています。 数万~数百万匹という単位で、コロニー(巣)を形成し、高度な社会組織を営んでいます。 コロニーは、女王アリ・王アリを頂点に、完全に階級が分かれています。 この階級のことを「カースト」と呼んでいます。

シロアリの階級

シロアリのコロニーは次のような階級で構成されています。

王・女王

王室と呼ばれる小さな部屋で、交尾・産卵します。

羽アリ(有翅虫、第一次生殖虫)

生殖虫です。ある時期になると群れをなして飛び出し、雌雄がつがいとなって、新しい王・女王として巣を作ります。

副生殖虫(第二次生殖虫)

副王・副女王。王・女王が傷つく・死ぬなどした場合の交代要員です。

ニンフ

卵と幼虫の世話・給餌を行う役目があります。ニンフは最終的に羽アリか副王・副女王となります。つまり生殖虫候補です。

兵アリ

黒アリやほかの捕食昆虫からコロニーの防衛を行います。

働きアリ

餌の調達、通路や巣の構築と維持管理、他階級のシロアリの身繕いと給餌・卵と幼虫の保護と世話 などを行います。全階級の中で唯一、餌を調達するのが働きアリです。木材に被害を与えるのもこの働きアリになります。

s01_caste.jpg(26995 byte)

ichirantitle01.png(3268 byte)
悭邲
お問合せはこちら!